tvdai601.jpg(16247 byte)2018年5月25日

部屋の角に置く、ちょっと大きめのテレビ台を頼まれました。
久しぶりの木工で、しかも大物。楽しみますよ!

いつもの様にスケッチアップで図面を描きました。
左右には扉、中央の下段には引出しを入れる予定。

クリックで大きくなります。
tvdai602.jpg(8693 byte)三面図。

クリックで大きくなります。
tvdai603.jpg(12780 byte)木取り図。

クリックで大きくなります。
tvdai604.jpg(38104 byte)荒木取り終了。
1×6材を17枚使いました。
tvdai605.jpg(38728 byte)2018年5月27日

板矧ぎします。
材が長すぎて手押しでは矧ぎ面の平面を出せませんでした。パターンビットとパターンビット用の直線切り治具でひと削りして平面出し。
tvdai606.jpg(35710 byte)板矧ぎ中。
tvdai607.jpg(29738 byte)2018年6月15日

畑作業も忙しいですが、木工もやっていきますよ!

天板受け、底板を台形に切断。一旦長方形にしてから角部分を切断します。これだと簡単に45度を出せますね。切り取った角の材がもったいないですが・・・
tvdai608.jpg(23762 byte)長編は1200mm以上あります。大きいですね。
tvdai609.jpg(32253 byte)外周にホゾ作り。ホゾ穴掘り治具と19mmのストレートビットで。
tvdai610.jpg(34405 byte)側板にホゾ穴掘り。
tvdai611.jpg(34758 byte)2018年6月16日

仕切り板と棚板にホゾ、ホゾ穴を作り、組立てました。
棚板が一枚なので、仕切り板が斜めにならない様に気を使いました。棚板と同じ幅の当て板を作って挟むといいのですが、手抜きです(笑)

当て板受け用ウッドクランプを使いましたが、たいへん便利。クランプ作業がスムーズに進みました。
tvdai612.jpg(36260 byte)2018年6月19日

天板受けと底板に現物合わせでホゾ穴を掘り、組立て。上下にクランプ用当て板を当ててしっかり締めました。

今回はタイトボンドVを使ってみました。粘性が低いので、たれたりしてちょっと手間取りました。カップなどに取り、刷毛で塗ると良さそうです。
tvdai613.jpg(26479 byte)2018年6月25日

側板、斜め板を角度切りします。
直線の出た端材とスペーサーを用意。
tvdai614.jpg(34028 byte)丸ノコを傾けてテストカット。
tvdai615.jpg(32487 byte)角度は理論上は22.5度。
tvdai616.jpg(21512 byte)仮に合わせてみました。ぴったりです。
tvdai617.jpg(32037 byte)組立てました。
側板も斜め板もクランプでうまく締め付けられないのでボンドとコーススレッドで固定しました。
tvdai618.jpg(28666 byte)組立て終了。
tvdai619.jpg(36947 byte)前から。
天板を乗せれば、本体は完成です。
tvdai620.jpg(28688 byte)2018年6月28日

天板を切り出しました。
寸法は現物合わせで。
tvdai621.jpg(39973 byte)仮に乗せてみました。いいんでない〜〜!
tvdai622.jpg(36058 byte)飾り前板を取り付けます。ボンドだけで固定したので、クランプ総動員で締め付けました。
tvdai623.jpg(32926 byte)飾り前板が乾いたので、塗装します。
いつもの様にオスモのノーマルクリアで。大きいので、けっこう時間がかかりました。
tvdai624.jpg(22826 byte)2018年7月1日

天板をコーススレッドで固定して本体完成。
tvdai625.jpg(32572 byte)キャスターを取り付けます。取り付け位置は側板や飾り前板にぶつからない位置で目見当です。

丁番下穴ドリルで下穴を開けて取り付け。ビスがずれる事なくピタッと固定できました。
tvdai626.jpg(30560 byte)前面は3カ所にキャスターを取り付けました。
tvdai627.jpg(6414 byte)2018年7月5日

続けて左右の扉と引出しを作ります。

扉の図面。
クリックで大きくなります。
tvdai628.jpg(7514 byte)引出しの図面。
クリックで大きくなります。
tvdai629.jpg(15099 byte)木取り図。
クリックで大きくなります。
tvdai630.jpg(39261 byte)引出しの部材を板矧ぎ中。
tvdai631.jpg(35300 byte)扉の鏡板の材を挽き割りします。

木造りした18mm厚の材を半分に挽き割り。この後、自動カンナで厚みを6mmに揃えます。

16mm3山の挽き割り用のブレードで。サクサクと切れました。

ここのところ本州の梅雨が北海道にやってきたようで、連日の雨。湿度が高く、木が動きまくっています。
引出しや扉が入らなくなったりゆるゆるになったら困るので、今日は荒木取りまで。本木取りは次回以降にします。
tvdai632.jpg(33618 byte)2018年7月16日

引出しを作ります。

先ずは前板と向板にホゾを作ります。
ホゾの長さは10mm、厚さは6mmです。
10mm専用のホゾ作り治具と18mmのストレートビットで。
tvdai633.jpg(30029 byte)前板の下部の肩口は15mmにしました。底板を入れる溝と干渉しないように。
tvdai634.jpg(29185 byte)ホゾ完成。
tvdai635.jpg(27699 byte)次はホゾ穴。
ホゾ穴堀り治具と6mmのエンドミルで。
tvdai636.jpg(25835 byte)ホゾ穴堀り終了。
tvdai637.jpg(27148 byte)前板が入る部分。
前板用のホゾ穴と底板が入る溝は干渉せず、いい塩梅です。
tvdai638.jpg(36775 byte)組み立てます。
矩には気をつけました。
tvdai639.jpg(28739 byte)2018年7月17日

昨日に続き、引出しの作成。
今日は飾り前板を作ります。

いきなり完成しました(笑)。
作り方は作り方メモの引出し引き手を御覧ください。
tvdai640.jpg(33195 byte)オスモのノーマルクリアで塗装。
tvdai641.jpg(31146 byte)本体に引出しを入れ、現物合わせで飾り前板の位置を決めました。
スリムビスで取り付け、引出し完成です。